意外と知らない?結婚式場の種類と特徴を紹介します!


様々なスタイルに対応可能な「専門式場」

結婚式場と一口に言っても、様々なタイプの式場があります。まず「専門式場」について知っておきましょう。専門式場と呼ばれる会場は、まさに結婚式を挙げるために作られた会場です。式場の敷地の中に、チャペルや神殿などが備えられているため、式場内で挙式から披露宴まですべて行うことができます。キリスト教式でも神前式にも対応できる会場のため、利用する人の好みに応えられる万能の会場と言えます。基本的にできない結婚式のスタイルがないため、専門式場を会場に選んでおけば間違いないと言えそうです。結婚式から披露宴まで動線も分かりやすく、ストレスのない結婚式になりそうです。

格式が高い結婚式ができる「ホテル」

結婚式場を挙げられる会場の中で、格式が高い会場と言えば「ホテル」です。誰もが知っているような豪華ホテルで結婚式を挙げることは、人によってステータスと感じられるでしょう。またホテルには宿泊施設が備わっているため、遠方からお客さんを呼びたい人にとって便利です。さらにパーティ会場の種類が豊富なため、千人単位のお客さんが参列する芸能人クラスの規模の結婚式も、数十人での小規模な挙式にも対応できる強みがあります。「○○ホテルで結婚式をするのが夢」というタイプの人は、ぜひ意中のホテルでウェディングしてみてはいかがでしょうか。

料理が美味しい「レストラン」でアットホームな結婚式

結婚式を楽しい雰囲気で行いたい人に人気があるのが「レストラン」を会場にするスタイルです。レストランウェディングと呼ばれます。結婚式の時間は、基本的にレストランを貸切にします。ウェディングプランナーなどの指揮のもと、結婚式を挙げる専門ではないお店のスタッフと共に、手作りのアットホームな式になることが期待できます。星付きの高級レストランで式を挙げれば、参列者の舌がとろけるような料理を提供することができます。レストランは数多くあるため、自分好みの会場を探すのに手間がかかりますが、その作業も含めて楽しいかもしれません。街のレストランがすべて結婚式会場候補だと思える喜びがあるでしょう。

日本人の伝統的なスタイル神前式なら「神社」

神社で挙式をするのは、日本に伝わるオーソドックスなスタイルです。三々九度の盃の儀式などに憧れるカップルもいるのではないでしょうか。大きな神社には、披露宴をする会場も併設されています。専門式場に引けを取らない便利さで結婚式を挙げることも可能です。例えば地元の神社に毎年初詣に行っていたというカップルは、晴れの日である結婚式を地元の神社を会場にして挙式をするのも素敵です。

名古屋の結婚式場には、海外のような雰囲気の式場や星空をイメージしたチャペルがある式場など、個性豊かな所が多いです。

Back to top