施工内容紹介

お水までこだわってます② 純水実験

電気分解で検証 カーコーティング施工で使用する水

昨日のみんカラブログの「お水までこだわってます①」純水実験の続きです。

純水ってなに!?って方も、これを見れば純水のすごさがわかると思います^^

さて一見すると綺麗な透明な水道水ですが、
電気分解するとたくさんの不純物が含まれています!

というわけで、電気分解の続きです。

左が純水、右が水道水です。
 徐々に色が変わったり不純物が浮き出てきて
 最終的にこうなりました。
びっくりですよね。
 透明だと思っていた水道水にはこんなに不純物が!

とてもじゃないですが、オイラは飲みたいとは思いませんね・・・

ちなみにこの不純物には、
「鉄さび、銅さび、フミン質(動物の死骸)銀、水銀、鉛、水銀、洗剤、農薬、有機リン」などが含まれています。

純水の方も多少色がかわっていますが、不純物がうきでてませんよね。

水道水や地下水など不純物がたくさん混入した水を使った場合、
ゴミが噛んだように艶がくもったりもします。
それだけでなく、不純物が少ない純水を使うことで、ガラスコーティングの密着性が抜群に変わってきます!

マックスが施工に使うお水を純水に使っているのはそういうわけです。

折角なので、水道水以外でも色々試してみました。
 左から、
ペットボトルのお茶、ミネラルウォーター、純水、水道水です。
コーヒーやジュースに見えなくもないですね・・・。

ミネラルウォーターでもこれだけ不純物がでてくるんですよ。
お水までこだわれるのは専門店だからこそのこだわりです。

オイラはマックスクオリティのコーティングを実現するため、
目に見える部分だけでなく、こういった細部まできちんとこだわっています。

本物のガラスコーティングは決して安い買い物ではありません。
ですので、より綺麗に長くお車乗っていただくためにも、
是非こういったことも基準に、間違いのないお店選びをしてくださいね^^
磨き一筋マックスのこだわり

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top