ガラスコーティング施工例

マカンターボ 新車コーティング

クォーツガラスコーティング カーコーティング施工


スッキリしない天気が多いですが、

マックススタッフは曇りもふきとばす明るい気持ちで作業しています。



真っ白のマカンターボ君を新車でお預かりさせて頂きました。

工場内でもひときわ存在感を放っております^^



ガラスコーティングを施工されるなら、

やはり新車時をおすすめしています。



新車のうちにガラスコーティングをしておくことで、

ボディの劣化やダメージをより防ぐことができます。



もちろんお手入れも楽になりますよ~!

ピカピカなツヤ感も段違いです。






 お車お預け頂きましたら

まずはしっかり洗車させていただきます。



お客様が喜ばれる姿を想像したら、水が冷たいのもへっちゃらです。



 新車といえども、傷や汚れがまったくないわけではありません。

ラップ染みや、こういった小傷や汚れがついています。



 新車だろうとより綺麗にしてお返しするのがマックス流。



マックスでは新車の状態でお預け頂いても

しっかり磨かせていただきます~ご安心くださいね。



マカンターボ君も綺麗なツヤツヤ肌になりました~。



ガラスコーティングは、

通常施工から1ヶ月硬化期間が必要です。

この期間でそのあとのガラスコーティングの状態がかなり左右されます。






 最後はおなじみのファイナライズブースで焼付け。

コーティングの硬化ムラができないようにしっかり硬化させていきます。


新車コーティング マカンターボ

硬化期間は、ガラスコーティングがこれから車に硬化して密着する時期なので

ボディには細心の注意が必要になってきます。



しかしマックスではその心配は不要です~。



なぜなら、ファイナライズ処理が出来るからです。

ガラス化形成ブース、通称ファイナライズブースに入れることにより、

特殊な光線でガラス化形成をしていきます。



ファイナライズ処理ができるのはマックスだけ。

なぜならオイラが特許を持っているからです^^





より綺麗になったマカンターボ君。

オーナー様にかわいがってもらえるといいな~。

カーコーティング施工 メニュー詳細


カーコーティング施工 クォーツガラスコーティングクォーツガラスコーティング
親水タイプの新しいコーティングスタイル
クォーツガラスコーティングは従来の撥水タイプとは違い、水になじみやすい親水タイプのガラスコーティングです。水に濡れると水玉は出来ずに拡がってからサァーっと引いていく感じで汚れも一緒に流れていきます。また、油分を含む汚れは非常に寄せ付けにくくなっています。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top