ヘッドライトコーティング 施工例

ヘッドライト黄ばみとり 

ヘッドライト黄ばみやくすみを磨きで除去したら保護ガラスコーティング


本日もありがたい事に忙しいマックスです。

先日お預かりしたお車のヘッドライトがくすんでいました。
ボディが綺麗なのに、ヘッドライトがこんな状態だと、
せっかくのお車も台無しです。

ヘッドライトにはもともと新車時にコーティングしてあるのですがそれが紫外線により変色してしまうのです。

その変色したものを一度取り除いてからもう一度ヘッドライトコーティングをするのです。

ペーパがけ


まず最初は、ヘッドライトの表面をペーパーを使い磨いていきます。


すぐにポリッシャーで磨いてはいけませんよ。

下地処理が大切なんです。

ここでしっかりコーティングをめくらないと残留コーティングの上から磨くとマダラになってしまうのです。



ここからがポリッシャー磨き 職人の腕の見せところ!


ポリッシャーで磨いていきます。ヘッドライト用のコンパウンドで透明度を失わないように割らないように一生懸命ミガミガします^^



簡単なようにみえて、なかなか難しいヘッドライト磨き。


磨きすぎると変形したり、割れたりしてしまいます。

傷を取りながら表面を整える作業はボディを磨くのとまた違うんです。



完成画像 透明度が出て、輝きが増していますね!


ライト本来の明るさを発揮することが出来るので夜の運転も安心です。


最後はヘッドライトコーティングを塗って赤外線で焼き付けていきます。



ヘッドライト黄ばみとり 保護ガラスコーティング 完成


目が綺麗とモテますよ^^
皆様、愛車のヘッドライトを一度ご覧下さい。

気になるところはございませんか?

お車に関してのご相談は、一度マックスへ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top