カーコーティング施工のお客様

ガラスコーティングはどのぐらい艶がでるの?


ガラスコーティングしたら艶がでる?

前回「クルマの傷って研磨でとれるの?埋めて隠す?」に引き続き25年前のベンツ君をガラスコーティングしました。

コーティング前とは別のクルマかと思うぐらいの艶が出ました。

これってガラスコーティングの艶なのかな~

と思っている方も多いかと思います。

違います、研磨の輝きです。

実はガラスコーティングで出る艶は10%程度で90%以上はガラスコーティングを塗布する前の研磨の段階でここまで艶が出るのです。

このことを知らない方は,通販などでガラスコーティングを買って自分でやって失敗しています。

塗装面にはその塗装に合ったガラスコーティングで保護しないといけないのです。

 

 

この横から見た艶もピカピカです。

この艶はなかなかだせません。

マックスはなぜここまで光るのか?

艶の秘密は!!

下地についている傷をほとんど消すのです。

消すといっても埋めるほうではなくポリッシャーの回転の時の熱をかけ塗装を強くシメながら研磨していくのです。

 

もう少し拡大してみてみましょう。

天上がくっきり映っています。

蛍光灯に見えますがLEDです。

前日の同じクルマなのです。

光や映り込みは傷がないから出るものなのです。

人間の目で見てキズがあると光の光線が屈折するので艶や映り込みが悪くなるのです。

無数に傷があると光が屈折しまくって映り込みは無いのです。

 

傷を熱でとる!?

これは研磨業界の中でもあまり知られていないことなのですが熱で傷が取れるのです。

①削って取る磨き=鈑金屋磨き(コンパウンド超粗い)

②シングル回転で熱も入れながら取る磨き=熟練ショップ(コンパウンド超細かい)

③ダブルアクションと油でごまかす埋める磨き=脱サラショップやGSなど(一発で磨く油分が多いコンパウンド)

オイラは大きくこの3パターンに分かれると思います。

マックスは②の研磨しかできないのです。

①の鈑金屋さんは肌調整の磨き方しか知らないのでのちはバフ目だらけになってしまいます。

作業を楽にしたい、1日に何台もできるショップは③を使っているケースが多いですね。

マックスガラスコーティングは②+焼き付けなんですよ。

 

 

オイラもくっきり映り込んでしまっていますがこちら↓のブログを見ていただくと違いがわかると思います。

クルマの傷って研磨でとれるの?埋めて隠す?

これを拡大してよく見ると爪の引っかかっていた傷が見えるかもしれませんが、熱磨きをしてブースで焼いているので塗装で塗装を埋めたような感じになっているのがわかります。

この磨きはおそらくマックスの設備でしかできないでしょう。

よくよく見てみてくださいね。

↓この比較は同じ車です。こんなに深い傷が無数にあったのに無くなっているのは本物の研磨ができるからなのです。

左が磨く前、右が磨いた後なのです。

新車であっても塗装の構造や性質をわかってここまで磨けるショップじゃないとその時だけ綺麗に見えて1カ月以内にくすんできます。

ここまで磨けるショップは全国でも1割あるかないかだといわれています。

どんな染みや傷でも、まずはマックスにご相談ください。

マックスは新車の時の輝きに戻します!綺麗になった車を見られていろんな想い出がよみがえってくることを願いながらガラスコーティングさせていただています。

土日も営業していますのでお気軽にお越しくださいね。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top