おすすめカテゴリー

タッチペンで修繕&効果 飛び石の塗装被害!


塗装への飛び石を防ぐ走り方と二次被害を予測

ガラスコーティングを施工のお客様で焼き付けはもちろんのことですがタッチペンを頼まれることが多いです。

タッチペンは結構時間がかかるのですが綺麗に塗らないとせっかくいい艶が出たのにもったいないですね。

 

飛び石を極力防ぐ走り方!

飛び石も結構な速度で飛んできます。

飛び石を拾いやすいクルマもあるのですが虫さんだけはよけれないですね。

飛び石が付かない方法

・車間距離をあける。

・ダンプカーなど車線が違っても斜めに飛んでくるので近寄らない。

・太いタイヤのクルマの後ろは飛んできやすい。

・ツーリングなどは飛び石の確立が高い。

みたいな思いついたことを書いてみました。

虫はまだ柔らかいので大きな虫でもクルマにあたった瞬間つぶれてくれるのですが、その体液みたいなのが塗装面に悪い影響をしてしまうことがありますね。

こちらもバンパーに大きな飛び石の穴があいてしまってます。

プロテクションフィルムを貼るという方法もあるかもしれませんが、飛び石が吸収されて2段階目はガラスや天井にあたることが多いのと、フィルムなので黄ばんできたり剥がす時に糊が残ったり、フィルムの上から飛び石して剥がす時に塗装がフィルムにくっついてきちゃうケースもありますよね。

フィルムは金額も高額なのでバンパーなら2回ぐらい塗装できてしまいますね。

難しいところです。

 


飛び石を受けた塗装面の二次被害


顕微鏡レンズで拡大してみました。かなりの衝撃があったのか周りの部分も広がろうとしているのが見られます。

このまま放っておくとどんどん広がることが予想されます。そこが飛び石の恐怖なんですよ。

ひろがった場合はすごく汚くなります。

水なども入っていったりしたらどんどん剥がれてしまいますね。

洗車などで高圧洗浄機などがあたると広がってしまうかもしれないですね。

 

 

タッチペンで広がりをとめる!

綺麗に塗るためにも研磨後に塗ったほうがいいですね。

この筆では塗りません。針のような細い釣り糸で塗ります。

 

タッチペンの拡大

色が合っていてうまくのればわかりにくくなるのです。

その後焼き付けてからできるだけ平面になるようにします。

 

タッチペンの後はそこがボンドの役割をするのできれいに埋めてあげればそこからはがれる可能性はなくなると思います。

飛び石が走った勲章みたいな感じですが綺麗にガラスコーティングすると目立ってしまうのでできるだけガラスコーティングと一緒にタッチペンしたほうがいいですね。

よかったらお気軽にお問合せ下さいね。

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top