アルティメイトプロガラスコーティング施工例

表面からはわからない鈑金塗装の裏側!!

カーコーティング施工前 ボディーチェックの大切さ!

アルティメイトガラスコーティングでレクサスをお預かりさせていただきました。

オーナー様からは「友達から譲り受けて綺麗と思うよ」とお聞きしました。

マックスは全てのクルマをボディーチェックします。

マックスでボディーチェックをしているとバンパーがあたって縦に筋が入り上に盛り上がっているのです。

オーナー様「気にならないぐらいだからいいよ!」と言われました。

オイラ「中がどうなってるかわからないですよ」

オイラ「バンパーはカバーだけなので骨は中に入ってるのですよ」

オーナさん「任すわ!」

任されたら責任感じます!

オイラも「任すわ!」と言われたら気になるので外してみました。

そしたら・・・

中の発泡スチロールが割れてるので怪しいと思いその中も外してみました。

衝撃の怖さ!!

↓これは上から見た図です。

バンパーの骨が曲がってしまっているのです。

少し強く当たったのだと思われます。

こちら新品部品を取り寄せてみてみるとこんなに曲がっているではありませんか。

これはバンパーの骨で取り付け部分は左右にあります。

弓の字型をしたバンパーホースメントです。

これが曲がっていると大変なのです。

中身はわからない!

このまま走っていてバンパーカバーはへこんで復元しますが、中身は復元してないままなので次にあたると

身体に衝撃がきてキツイむち打ちになったり、ここではもう吸収できないので次はフレームが曲がってしまうのです。

そうなるとまっすぐ走らなかったり、次売るときには事故車になってしまうのです。

この段階は部品交換なので事故扱いにはならないのです。

こう見ると修理しても中までしっかりやってくれているのかわからないですよね。

バンパーは外から見ると衝撃があってもすぐに膨らみます。

軽くへこんでるぐらいにしか見えないのです。

肝心なのは中身ですね。

安全に身体とクルマを守るものなので中までしっかり直してくれるところを探しましょう^^

これを見ると曲がったままでもバンパーカバーは装着可能なので中古車も買うのが怖くなりますね。

中までちゃんと直してくれてるのかな?

結局バンパー丸ごと変えることになりました。

全部綺麗にしてこれからアルティメイトガラスコーティングにかかります^^

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top