ルームクリーニング 施工例

そのテカリ汚れでは!? 車内クリーニング

ダッシュボードで検証 内装汚れの見分け方?

けっこう汚れてるような感じなのでルームクリーニングを部分的に検証してみました。

ダッシュボードは、なんだか艶が出ていたり、ハンドルがネチネチするような感じです。

思い当たる方も多いのでは??

まずは車内クリーニング用の洗剤をつけてブラシでこすってみました。

スポンジで少し擦っただけで真っ黒です。

これはダッシュボードの色が落ちてるとかではなく、汚れなのです。

その後濡れたタオルで洗剤をしっかりふき取りました。

タオルも真っ黒です。

艶ではなく汚れのテカリ!!

 

ぱっくり分かれたと思います。艶消しの方と艶が出ている方です。

内装の場合は艶消しが新品に近く、正しいのです。

なぜこんなことになるのでしょうか?

おそらく、市販のダッシュボードクリーナーや内装クリーナーのようなものを使っていたのではないかと思われます。

そのクリーナーには艶出し剤が入っているのです。

その艶出し剤が汚れを吸い寄せやすくしているのです。

クリーニングではなく汚れを塗り伸ばしている感じですね。

ハンドルやシフトノブは手垢でしょうね。

塗っていいもの公開!! シフトノブで検証

 

シフトノブを見ていただくとわかりやすいかと思います。

半分だけマックスでクリーニングしました。

シフトノブのしわの間や縫い目などすごく綺麗になっていることがわかると思います。

艶消しになっているのが一番気持ちいいです。

内装のコーティングとかあるかもですがオイラは反対派ですね。

剥がせないものは塗るな!!

どうしても何か塗りたいとか、革シートがガサガサだという方には・・・

革などの保湿は革用クリームぐらいにしておかないと、サラサラ感がなくなります。

革用クリームはラナパーがまだましです。ハンドルなどはやめて、シートがいいでしょうね。

縫い目につまらないようにサラッと塗って、濡れタオルでしっかり擦ると艶消しのサラサラになるのです。

*必ずクリーニング後に塗ってください。

車内クリーニングは縫い目の中まで!

 

作業前の状態です。↑

なんかすっごく汚れていて縫い目の中も手垢のようなものが詰まっているのがわかるかと思います。

あと、「汚れのテカリ」がはっきりわかると思います。

ハンドルも同じ状態です。

汚れのテカリが出て縫い目が手垢で詰まっている状態です。

ハンドルやシフトノブは運転していても気持ち悪いです。

綺麗にクリーニングすると縫い目の中や糸まで新品のようになります。

これで運転がサラサラで楽しくなるのです。

よく見比べてください。

車内クリーニング前はテカリのコーティングがされているような(汗)

 

手垢は気持ち悪い!!

 

汚れの縫い目を顕微鏡カメラで撮影すると

やはり手垢は気持ち悪いです。

よく手で持つところなのですごく気になりますね。

サラサラの状態で乗りたいですね。

「汚れのテカリ」が

気になる方はマックスまでお問い合わせください。

マックスのお盆休みは8月11日~8月15日までです。

16日からは通常営業しておりますのでお気軽にお問合せ下さい。


ルームクリーニング施工 メニュー詳細


ルームクリーニング 車内清掃 車内クリーニング車内清掃 車内クリーニング
クルマに中は汚れでいっぱい!?
土や泥・砂ほこり・ジュースのシミや食べかす・ペットの毛や臭い等々・・・・
クルマの中は非常に汚れやすく高温多湿のため雑菌が繁殖しやすい環境にあります。掃除機で掃除するぐらいではなかなかとれない頑固な汚れもいっぱい。そういう時はプロにお任せください。天井や床・シートやインパネなどを徹底的にリフレッシュ。快適な空間を取り戻します。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top