板金塗装 施工例

鈑金塗装どの選択肢がもっとも最善?!ボルボ

鈑金できないと断られ!

ボルボのCX90が急遽鈑金塗装で入庫しました。

駐車場で石の壁に巻き込んでしまったとのことです。

壁側は何もなっていなかったとのことです。

けっこうあたっていてつらいちではなくなっているのです。

前のドアのプレスラインに折れ込んでしまっているのです。

ドアを開けてみるとエッジのラインがぐちゃぐちゃなのです。

コンクリートの壁がまだついている状態です。

この状態で鈑金すると、エッジの薄い部分を引っ張り出す時に破れてしまうのです。

難しい鈑金です。

このまま乗っていても錆が回ったり、服やスカートが引っかかって破れたり、

子供さんがひっかけて怪我をする原因になりかねないのです。

後ろのドアを上から見ると大きくへこんでいるのがわかるかと思います。↓

モールが曲がっているのです。

色んな鈑金屋さんに問い合わせたところリアドアは鈑金できないから交換と言われたとのことです。

マックスの取引鈑金業者に見積もりを出しても交換と言われました。

ボルボでリアドア交換となればとんでもない金額になってしまいます。

なぜ交換と言われるのか?!それは手間を考えると割りが合わないという意味なのではないかと思います。

しかしオーナー様は自腹なのでなんとか安くあげたいとのことでした。

そこでオイラも一生懸命になり、ようやく最小限で直すようにやってみました。

交換せずに仕上げる方法!!

 

10日後

なんとか仕上がりました。

リアドアは交換せずに、リアドア全部と前ドアのモール下を鈑金塗装しました。

交換部品はリアドアの真ん中のモールと下の無地のモール前後、この3点を交換しました。

交換しないとまっすぐな所に曲がったモールは付かないですからね。

ドアは丸ごと交換は避けれました。

エッジが潰れていた所も綺麗にプレスラインが出ています。

塗装はリアドア全部とフロントドアモール下だけです。

塗装修理したこともわからないです。

保険裏のからくり!!

 

少し離れてみても全然修理したことがわからないのです。

なんでも交換したり保険を使うように勧めるのはよくないですね。

ディーラーさんやクルマ屋さんなどに持っていくとおおかた保険を使うように勧められます。

・「1回目の保険使用はそんなに上がらないですよ」

・変えなくていいようなところも見積もりに入っていて高額になり「ココは保険を使ったほうがいいですよ」

とか言われます。

しかしオイラが考えるのは、1回目の事故で保険料が上がらなくても2回目でドッカンと上がってしまうのです。

3年間保険料は上がり続け等級も大きく下がり最終的にお得にはならない計算です。

元の等級に戻るには無事故で6年かかります。

だったら1回目を万が一の大きな時にとっておかないといけないのです。

小さな事故も大きな事故も1回は1回ですからね。

 

オイラは本当に長くお車を乗っていただけるように、アドバイスや助言させていただきます。

きっと業界の裏話をオーナー様の立場になってお答えさせていただだきます。

難しいなと思うモノはどんどんお持ち込みください。

また気になるところがありましたらお気軽にお越しください^^

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top