ポルシェ

ポルシェのシートクリーニング 知らないうちにこんなに汚れ!!

車内クリーニング 内装って汚れてるの??

ポルシェのお車をルームクリーニング(車内クリーニング)、ガラスコーティング、ウインドウフィルム貼りでお預かりさせていただきました。

まだまだ新しいポルシェです。

外装はたくさん紹介させていただいていますので今回は内装を検証です。

今回ルームクリーニングもご依頼いただいた中で、あまり汚れてないのかな?と思われる方も多いのではないかと思います。

実際に天井やピラーもあるので日陰になって黒ずんで見える場合もあるかと思い、比較が必要になってくるのだと思います。

シートは汚れてないでしょ?比較!

 

そのためにシート半分をマスキングテープで仕切って見ました。

半分をクリーニングしてみようと思います。

革のシートクリーニングはマネしないでください!

 

革用のマックスオリジナルクリーナーで革を傷めないようにクリーニングします。

もちろん境目に貼るのは紙テープです。糊が残ったり革を剥がしてしまうような強力なテープは使用禁止です。

すぐに剥がすのも重要なのです。

革は本当にデリケートで洗剤の種類や配合が違っただけですぐに変色や剥がれてしまいます。

 

*革クリーニングは取り返しがつかなくなるので絶対にマネしないでください!

 

 

どうですか!

すごくビックリです。そんなに汚れていないと思ったのに結構汚れていました。

 

比較すると汚れがよくわかる!シートクリーニング

 

さらに、この汚れたほうをまた部分的にクリーニングしてみます。

半分にすると結構汚れているように見えてきました。

太目の紙テープを貼ります。

シートクリーニング後に仕切りのマスキングテープを剥がしてみました。するとくっきり綺麗な所と汚いところが出ました。

よく見ていただくと糸の中まで綺麗なステッチになっているのがわかるかと思います。

これは糸のクリーニングもしたのです。

車内も洗濯してください!!

 

この部分も境目ができるとすごく汚く見えてきました。

全体だとなんとなく汚れていくのでわかりにくいことは確かにあります。

しかし革だから汚れるのか?ベージュだから汚れるのか?というとそんなわけではありません。

服や衣類は毎日洗濯したり定期的にクリーニングに出します。

しかしクルマは毎月ということもなく、1年に一度もなく、車検の時でもクリーニングされることは少ないのです。

そうなると結構汚れてきます。

 

違うシートじゃないかと思うぐらい綺麗になりました。

本当に違うシートの写真だと困るのでわかりやすいように、端のブロックだけをクリーニングしました。

黒い穴あき部分はまだクリーニングしていません。

角の部分は乗り降りが頻繁な部分は少し擦り切れてしまいます。

ジーンズや硬い生地の乗り降りはどうしても擦れちゃいます。

擦れた部分は仕方ないのですがここまで綺麗になれば気持ちよく乗れるかと思います。

たまに革の塗装を進められる時もあるかもですが、オイラ的にはやめといた方がいいのではないかと思います。

長持ちしないのとボカシ目が出たり、ステッチの糸も同じ色に塗られてしまってるクルマもよく見ます。

ハンドルも半分やってみるとくっきり境目が出るぐらい汚れているのです。

色んな人が手で触る部分ですからね。

知らず知らずに汚れています。

車内も全体に汚れてくるのでわかりにくい!

 

ドアのトリムも汚れています。

クリーニングする場合は革と合成皮革の部分を見分けないといけないですね。

ポルシェのシートもサイドなどは革が使われてないことが多いです。

革を同じようにやってしまうと革はふやけてしまうのです。

対策としては綺麗な濡れタオルを硬く絞ってたまに拭いてあげてください。洗剤やクリーナーは・・・

外装の艶やガラスコーティングも大切なのですが、内装の汚れもたまにはクリーニングしてあげてください。

内装が綺麗と気分がいいのとモテますよ^^

お子さんも安心して乗れます。

気になったおクルマは革の車内クリーニングに詳しいところに見てもらった方がいいですね。

マックスはいつでも見積もり・代車も無料でさせてもらってます。

お気軽にお越しください。

クルマの大きさなどにもよりますが

参考価格45000~2泊3日

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top