アルティメイトプロガラスコーティング施工例

ガラスコーティングの強さを検証!動画も!

クルマのボンネットにラッカースプレー!! ガラスコーティングのメリット

今回はアルティメイトガラスコーティングがどう違うのかという質問も多く

メリットは「汚れが付きにくい」

「撥水性が高い」

「艶が深い」

など色々ありますが実際に施工された方しかわからなかったのです。

アルティメイト®をコーティングしていただいたオーナー様は「すごいカーコーティングだ!」と絶賛して頂きます。

今回はそれをわかりやすくするためにテスト用のボンネット半分にアルティメイトガラスコーティングを施工しています。

そこにホームセンターなどで売っている油性のラッカースプレーで落書きをしてみました。

*油性ラッカースプレーを汚れと見立てての実験です。通常の汚れ以上に強力ですが!

どちらの色がわかりやすいか試すために白色と赤色2色使います。

もちろん他のクルマに飛んだりしないように密閉ブース内で落書きします。

有機溶剤はだめでしょ~!

 

写真は反対からの撮影になりますがラッカーを吹いた直後から右半分は弾いているのです。

ラッカースプレーは当然有機溶剤でシンナーも入っています。

かけた瞬間コーティングを溶かしてしまうのです。

しかしアルティメイトの方は撥油性という油も弾くコーティングなのです。

このまま1時間乾燥させます。

ガムテープで剥がせるか?

 

ラッカースプレーの白と赤は手で触って手につかずしっかり乾燥して固まっています。

そこで布のガムテープを貼ってみて剥がしてみます。

まず、片方は全然びくともせず、ボンネットと一体化しています。

ラッカースプレーのミストも周りに飛んでいるので艶が悪くなっているのです。

 

もう片方アルティメイトガラスコーティングを施工したほうは、ガムテープ側に塗料がくっついてきて、塗装面にはほとんど残らないのです!!

これはビックリです!

汚れをラッカーと見立ててとはいえども少し無茶な実験ですが、これだけ汚れが付かないということなのです。

その後、何度もガムテープを貼って剥がしてを繰り返し、ゴシゴシ擦ることなく、油性ラッカースプレーは全部剥がせました。

服についた動物の毛を取るような感じでポンポンと取れていきます。

剥がした後のガムテープはボンネットの下に貼っています。

艶も弾きも維持!!

 

全部剥がれて艶も元通りです。

こうやって比較してみるとラッカースプレーのミストはすごく広範囲で飛んでつや消し状態にしてしまっているのだなと思います。

もちろん、ラッカースプレーなどで落書きされたりイタズラされることはないと思います。

マックスが実験したのは大気中の色々な汚れなどからどれだけ守れるのかを見てみたかったのです。

その後にそのまま水をかけてもアルティメイトの超撥水のままなのです。

有機溶剤にも負けなかったのです。

もう片方はシンナー系でゴシゴシ擦らないと取れないですね。

塗装面を傷めます。

こうなってしまうと大変です。

汚れも同じくなのです。

 

コーティングの液剤は色々あると思います。どこも魅力的なキャッチコピーです。

しかし、このアルティメイトは世界特許をたくさん取っているコーティングなのです。

設備と技術、信用のある所にしか施工させてもらえないのです。

 

良かったら動画もご覧ください。

 

動画 ガラスコーティングの強さを検証!!

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top