ウィンドウ撥水 施工例

雨の日の運転でガラスの油膜は危険!

交通事故の原因にもなる油膜によるフロントガラスのギラつき!

遠方からのオーナー様で「窓ガラスの油膜が取れない」とのこと、でわざわざマックスまでお越しいただきました。

油膜が気になって新車を買ったのに運転が怖いとのことです。

新車の時から、油膜だらけだったようで、ディーラーさんで2回磨いてもらったとのことです。

1回目取れているかと思い乗って帰って、雨の日に取れていなくて視界が悪くなり、危ない思いをされたとのことです。

2回目やり直しでガラス磨きをディーラーさんでしてもらったけど変わらずだったということです。

これはいったい何でしょう?

ところどころ磨いたかのようなカタが残っています。

横のガラスもうろこ状になっているのです。

これじゃあ車線変更の時に危ないです。

横はワイパーなどついていないからよけいに気をつけないと夜間の歩行者など見落としてしまいます。

ガラスに付着した油膜やウロコはなかなか取れない!

 

リアガラスも同じく油膜だらけなのです。

市販の油膜取りでもやってみた方はおられると思いますが、すごく大変です。

手が痛くなるぐらい手を動かしてゴシゴシ擦っても油膜って取れにくいですね。

一部ウーロン茶で取れるとか言ってる方がおられましたが、なかなか難しいですね。

中から見るとこんな感じなので大雨ならワイパーフルでまわせば見えるかもですが、小雨の時は、ワイパーをまわしたり止めたり忙しいです。

これが夜ならば対向車のライトで乱反射して光が広がり全然見えないのです。

このままDIYでガラス撥水などを塗ってしまうとすぐに剥がれてよけいに見えにくくなりワイバーがビビッてはねてしまうのです。

リアガラスも結構重要です。

後ろが見えないのは本当に気持ち悪いです。

後ろも同じくライトの光が水玉に広がって乱反射します。

ワイパーを回してみましたが、油膜らしきものが残ってしまいワイパーの機能を果たしてないのです。

フロントガラスも同じですが透明なので写真に写りにくくリアガラスを撮影しました。

検証!ガラス研磨 比較

 

コーティングや研磨を長年研究しているオイラは半分磨いてみました。

この時重要なのが車の磨きとは全く違い別物だということなのです。

・車の塗装は主にアルミの粉(アルミナ)といわれるもので研磨しシングル(回転力)ポリッシャーで艶を出していきます。

・しかしガラスの場合はダブル(振動力)アクションポリッシャーとセリウム粉で振動研磨していきます。

何が違うかというとアルミの粉では歯が立たない、というのと回転力ポリッシャーを使った場合割れる可能性があります。

ガラスを磨くときは専用のパットにセリウム粉をつけて純水をたくさんつけて磨くのです。

キツいコンパウンドや手でゴシゴシしすぎるとガラスに傷が入ってしまうのです。

 

研究の時は比較が大切なので半分マスキングしたところを剥がしてみます。

当然周りにはセリウムの粉が飛ばないようにマスキングや養生をします。

そこで濡れたウエスで拭いてみましたそしたらクッキリ半分に分かれます。

油膜やウロコがとれてスッキリした方と油膜だらけの方です。

もう少しアップで取ってみました。

ワイパーのビビり音!

ボディーのガラスコーティングでも同じですが乾いているときは油膜はわかりにくく、その上から撥水コーティングを塗ってしまうと、くっつくところと剥がれるところが出てきて、ワイパーの滑りに影響しビビッてしまう可能性があるのです。

ワイパーのビビリの原因はほかにも報告されています。

・新車時から撥水コーティングなどしていないのにワイパーがビビる。

・輸入車は高速走行が多く日本の制限速度だとワイパーのばねが弱いのでビビりやすい。(バネを強くする)

・ワイパーゴムをいいのに変えてもビビるみたいです。

など色々あるみたいですのでビビる場合は自動車メーカーさんに相談されることがいいでしょう。

ウインドウ撥水コーティングはまったく何も弾かない状態でウインドウ撥水を塗らないといけないのです。

誰でもできる油膜確認方法!

 

油膜の確認方法は塗れたウエスを軽く絞ってガラス面を拭いてみます。そうすると油膜やうろこがクッキリ見えるのです。

家のお風呂の鏡も一緒ですね。

乾いてるときは顔は映るけど湯気で曇るからシャワーをかけるとウロコや油膜で見えなくなりますね。

車のガラスも少し濡れるとそれと同じなのです。

フロントガラスは難しい!

 

フロントガラスもマスキングテープで養生して一部をガラス研磨をしてみました。

フロントガラスは横や後ろのガラスと違い合わせガラスなのです。

合わせガラスは薄いガラス二枚を樹脂やフィルムなどで張り合わせているのです。もし飛び石などで割れても全部割れることはなく目などに入る危険は最小限におさまるのです。

そのほかのガラスは強化ガラスと言って一枚のガラスに焼きを入れて硬くしているのです。なかなか割れないガラスですが割れた時は一気に粉々になるのです。

フロントガラスの合わせガラスは磨くときに熱を加えたり、一点だけに力を入れると割れる可能性があるので注意です。フロントガラスは別物ですね。

油膜取りやウインドウ撥水コーティングは専門店に施工してもらうことをお勧めします。

フロントガラスのこの部分を研磨して比較してみます。

ココならフロントガラスでも写真に写りやすいかと思います。

リアガラス同様にダブル(振動力)アクションポリッシャーを使い先端にはガラス専用パッド、セリウム粉、水で研いでいく感じです。

フロントガラスは特に視界を確保しなければならない重要なガラスです。

透明だから何もついていないと思っていて、勧められるがままにウインドウ撥水コートをしたり、DIYで自分でやったりするのはよけいに危険な視界のガラスを作ってしまうのです。

 

フロントガラスも境目に貼っていたマスキングテープをはがしていきます。

写真でもわかるように乾いているときはほとんどわかりません。

磨いている時オイラはわかりますが、水をつけながら磨きます。

 

濡れたタオルを軽く絞ってフロントガラスを拭いてみました。

他のガラス同様に磨いたところは油膜が取れて、磨いてないところは油膜だらけなのです。

こんな感じの油膜は、ほとんど新車の時からついている場合が多いです。

なぜ新車から油膜が!?

新車は生産工場でガラスをつける時に吸盤を使って位置合わせをしてガラスの取り付けをするのですが、

その後は

・吸盤の跡がついていたり(吸盤はゴムのため油がついている)

・船積みや陸送発送の際にガラスに行き先が貼ってあったり(ステッカーのような糊やセロテープ)

・ストックヤードに長期放置していたり(ストックヤードはほとんど海際で潮風や鉄粉も)

・チョークのようなもので記号など書き込まれたりするのです(出荷時に同じ車が並んでいても遠くから見てわかるように)

そのたびに何度もシリコン入りのガラスクリーナーなどで磨かれているのです。

汚れやガラスクリーナーの油分などが油膜の蓄積になっていくのだと考えます。

それ以外には

・水道水のカルキ

・大気中の汚れ

・濡れて乾く時に汚れと一緒に固まる

・ガラスクリーナーやガラス研磨剤の跡

・ウインドウ撥水の膜が効果のない膜になっている

などがあげられます。

 

ここまでしっかり磨いて油分が全くなくなったところにコーティング剤を塗ります。

市販のものはシリコンなので一般の方に塗りやすく弾きがいいとされています、しかし密着していないのですぐに剥がれてしまいます。

しっかりとしたコーティングを塗り安全を長期間保つためには下地にを弾かないようにすることが大切なのです。

ボディーのガラスコーティングもお車を大切に永く乗るということからはすごく重要なのですが

安全面を考えるとウインドウ研磨+ウインドウ撥水はガラスコーティングと同時に施工しておいた方がいいです。

これから冬にかけて雨や雪などが多くなる季節ですのでガラスコーティング対策はしといたほうがいいですね。

ウインドウを磨いて撥水加工を行ったらほったらかしではなく車庫などに入れた際には軽く水気だけは取っておいてください。

 

よかったらなんでもマックスにバンバン質問してください^^

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top