MAX 車磨きの設備

新車は無傷ですか? デントリペアで凹み(エクボ)直し

新車コーティング前のボディーチェックでエクボ傷発見!

マックスには新車のまま持ち込んでいただくことが多いです。

マックスは車のボディーチェックを念入りにする、ということにすごく重要としているのです。

車が入庫して→鍵を預かって→念入りにボディーチェックをしてからお預かりします。

マックスは、そのボディーチェックが細かいということでオーナー様から好評なのです。

今回アルティメイトプロガラスコーティングでご入庫頂いたオーナー様は神戸の西の方からお越しいただきました。

本当に遠いところをお越しいただいてすごく感謝しております。

こちらのGTRニスモは、ほとんど乗らずにガレージにしまっておくとのことです。

すごく想い入れがあり、そのオーナー様の価値が高いお車だなと直感しました。

新車にキズやへこみ(エクボ傷)があった場合

 

そんなボディーチェックをしている中でリアのフェンダーにへこみ(エクボ傷)を発見しました。

外で見ているときはわからなかったのですがマックス内の照明に入れると歪みが見えたのです。

マスキングテープで貼っている中にわかりやすく赤い丸をしてみました。

オーナー様もビックリです!

オーナー様「どうしよう!?」「こんなの普通の人はわからないだろう?」

オイラは、すぐに日産さんに電話してくださいと伝えました。

そのまま電話をかわっていただき状況を説明しました。

日産の方もすぐに駆けつけてくださり状況を確認していただきました。

 

判断が難しい!板金塗装かデントリペアか

 

せっかくの新車をリアのフェンダーを鈑金塗装をするのかどうかすごく悩む選択でした。

こんな場合どうします?

新車でリアフェンダーを塗装すると、いきなり嫌ですよね。

オーナー様はマックスから動かさないようにマックスで、なんとかしてほしいとのことでした。

オイラもそのほうがいいと思いました。

色んな所に輸送したり、見えないところで作業したりして、丁寧にしてくれないと、また違うところにへこんだりキズが入ってきたりする場合もあるというリスクも予想しておかなければいけないのです。

 

とにかく鈑金をせずにへこみ直し(デントリペア)でなんとかできないのかいろんな角度から見てみます。

専用のライトも必要です。

色々な所に傷つかないようにしっかりクッションテープを貼ります。

内張を外して、ところどころ穴があいてるのでそこからツールを入れてへこみを直していきます。

届かないところや、直らないところもあるのですが、1日中かけてしっかり直りました。

シートの背中側もカーボンで外のエアロもカーボンなのでクッションテープはしっかりと貼ります。

 

へこみはなんとか直りました、ディーラーさんも一安心されていました。

全体を含めてコーティング!

その後、車全体を磨いていきます。

ボンネットに深い傷、長い傷が数本あってあとは全体的に細かいチリチリ傷がついていたのですべて除去します。

こちらの塗装はスクラッチガードというクリアー塗装してあるので研磨作業がすごく難しいのです。

ゆっくりじっくり磨いていきます。

焼付の重要性と車に与える影響!

 

 

その後コーティングを塗布してそのまま焼き付けます。

ブース内全体を焼き付けるのでムラなく焼けるのです。

温度センサーで温度管理をしており、一定以上の温度にはならないのです。

ブース専門メーカーが出しているブースで断熱素材の壁なので、しっかり定着します。*自作ブースではないですよ^^

この焼き付けをすることによってのコンピューターや計器類の故障や樹脂パネルの変形などは一切ありません!!

一度もそんな事故は起こったことが無いのです。そんなことあったらエンジンがかからないです^^

密閉しているので、写真ではすごく赤くなるので燃えているように思われがちですがコーティングだけを硬化させるようにできています。

車は金属部分と樹脂部分、ゴム部分が隣同士に混ざっているので全体を焼き付ける方がいいですね。

全部の列の温度調整が可能なのです。

 

ホイールも同時に焼き付けるのでダストが付きにくいので評判なのです。

コーティングが終わり、焼きあがると艶々なのです。

ビックリするぐらい輝いているのです。

 

カーボンのウイングも傷だらけでしたが、研磨でしっかり小傷を取ってからコーティング、焼付なので、すごくいい艶が出ています。

リアフェンダーのライトの映り込みがすごくきれいなのです。

正面から見てもボンネットの艶がぜんぜん違うのです。

長年の経験!

 

ここまでの輝きにしようと思うと、最初のボディーチェックがすごく大切で最初にどれだけ見てオーナー様の気持ちになれるかが重要だと思います。

もし車だけ預かって何も見ていないと、ここまで艶が出ると反射率があがり、よけいにボディーのへこみがわかりやすくなるのです。

車を取りに行ったときに普通の方ではなかなかわかりません。

オーナー様も気持ちよく車を買いたいと思ってられます。

そんな時に新車を疑うような感じで隅々をチェックすることも、へこみを見ることも難しいです。

すごく細かい人だなとか思われてしまうような気がしてなかなかできないのと、見る眼が必要なのです。

そんなときマックスにお持ち込みください。

しっかりチェックのうえコーティングさせていただきます。

研磨コーティング一筋30年 どんな車でも本物の磨きで塗装を復元!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top