板金塗装 施工例

白くなった深いキズ 黒い車(前編)

車にキズをつけられた!

キズを入れられてしまったお車が持ち込まれました。

黒のトヨタ クラウンですが左リアフェンダーから左後ろドア、左前ドア、左前フェンダーにかけて一本でいった感じのかなり深い傷です。

左側面全部です。

爪がゴリゴリ引っかかるので、今までで最強のキズです。

オーナー様は左側面を全部塗装してほしいとのご依頼でした。

保険ではなく自腹で塗装するとのことでした。

塗装代金も、キッチリ塗装してもらうにはかなりの金額が必要になってきます。

車の再塗装の場合

・フロントバンパーとリアバンパーを外します。

・ヘッドライトやテールライト外します。

・ドアノブ前後外します。

・ミラーを付け根から外します。

・ガラスの淵のサッシモールをすべて外します。

・フロントガラス・リアガラスも外すことになる場合もあります。

結構な大きな作業になるのです。

 

傷ついた車 磨くか?塗装か?

 

オーナー様はそれでもいいから塗装してほしいとのことでした。

オーナー様「こんな爪のかかる傷は磨いてもとれるわけがないだろ!」

オイラ「・・・」

オイラ「とりあえず磨いてみていいですか?」

オーナー様「塗装しかないので、塗装でやってくれ」

と言ってお車をマックスに置いて帰られました。

もっと近寄って撮影してみましたが白くなっている傷で深くて太いのです。

燃料コックのすぐそばやフェンダーのふくらみに近いところなので磨くのも困難なのです。

小傷がキズじゃないように見えてきます。

この写真で傷の深さや太さがわかっていただけるとは思います。

周りは小傷ですがセルフリストアリングコートの塗装はこの小傷を取るのもなかなかできないと断られるみたいです。

車に傷をつけられないようにするには

このキズは明らかにいたずら傷ですね。

こんなに力強く長い傷をつけることは通りすがりでは難しいのではないかと思います。

キズをつける時の音なども多少出るのではないのかなとか思います。

オーナー様には聞いてないですが、路駐などで起きるケースが多いのではないかと思います。

・夜間に駐車禁止じゃないところはたくさんあります。そこに停めた場合

・路駐スペースの取り合いになり勝手に「ココは俺のスペースだ!」と思い込んでいる人もいるかもしれません。

・路駐の場合、近隣の住んでいる方の敷地にちょっと入ってしまっているかもしれないです。

・路駐したところの近くの駐車場から出にくい。

などなど、路駐した場合はとくに注意が必要かもしれません。

少し遠くても、少しお金がかかってもコインパーキングに停めたほうがいいですね。

 

 

車に乗る前に点検

 

路駐することもかなり注意が必要ですが、車にキズをつける行為も良くないですよね。

こんな場合はすぐに警察に被害届を出しておいた方がいいですね。

すぐに気づきにくい助手席側にキズを入れられることが多いです。

車に乗る前には助手席側や車の前後を確認するように癖付けておくといいかもしれません。

運転前点検ですね。

 

写真の画像をクリックしてみてください大きくなりますので傷がわかりやすく確認できます。

車を大切にしているオーナーさんにとってはすごくダメージが大きいです。

お金もかかってしまうので何とかやめていただきたいです。

 

 

前のフェンダーまでキズが入っていて後ろから傷を入れて前のフェンダーに逃げていった感じですね。

前のフェンダーも鉄板が薄いので傷は取れにくくなっているのです。

やっぱり塗装するしかないのかな~?

オイラは顕微鏡カメラでクリアーがどのぐらい潰れているのか?下地まで行ってるのか検証しています。

拡大してみるとキズが白くなっていて、その下がどうなっているのかわからないのです。

車の爪のかかる深い傷!磨き

 

キズの深さなどを確認しながらオーナー様に、連絡して「塗装するなら塗装前に磨いてみます」とお伝えしました。

オーナー様は「無理だろうけど」っての事でした。

その後磨いてみました。(後編に続く~) 白くなった深い傷 黒い車(後編)

キズの深さや爪の引っかかる音などを聞いてみてください。↓↓↓ 素人どりですが30秒ほどです。

研磨コーティング一筋30年 どんな車でも本物の磨きで塗装を復元!

株式会社エムエーエックス(カービューティーマックス)

カービューティーマックスHP  http://www.max1996.com/

〒561-0894 大阪府豊中市勝部3-1-27

TEL 0668533666 

E-mail info@max1996.com

No tags for this post.

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top