MAX 車磨きの設備

白くなった深いキズ 黒い車(後編)

車の爪のかかる傷取れるのか

白くなった深い傷 黒い車(前編)に続いてお客様の許可をいただきましたので黒い車のキズを磨けるところまで磨いてみることになりました。

室内に入れるて照明をあてながら傷の深さを確認して磨いていきます。

最初はキズが取れるかどうかが重要なので最小限のマスキングをして磨いていきます。

取れない場合は塗装にいきます。

かなり深い傷です。

車のキズを取るための専門知識

 

こちらのシングル回転ポリッシャーの中でもトルクが高いマイⅡという機械で磨いていきます。

深い傷を取るのはこのポリッシャーがいいのです。

リョービのポリッシャーのギアを変えてトルクをあげているポリッシャーです。

例えば回転数が速くてもトルクが無いと力が発揮されないのです。

逆に回転数が高すぎるポリッシャーも塗装面を痛めてしまいます。

熱磨きをするときには高いトルクの回転ポリッシャーが必要になってきます。

トルクが高いのですが少し傾けます。

傾けても塗膜面が傷まないように気をつけながら磨いていきます。

これはかなり熟練しないとできないのです。

ただ磨くと言っても沢山の選択肢があります。

・ポリッシャーの選択(シングル、ダブル、ギア)

・バフの選択(スポンジ、ウール、厚み)

・コンパウンドの選択(粗い~細かい)

・回転数の選択(650回転~2000回転)

・力の入れ具合(強く磨いていい場所か弱く磨かないといけない場所)

・磨く方向・磨く幅

・経験、度胸、自分を信頼

が大切なのです。専門的な話になってすいません。

前の方からから磨いていってるのですが、傷はだいぶ消えてきています。

こちら傷のドアとドアの境目なんかはすごく難しい部分です。

バフの径と力の入る部分が違うので目視で磨かないといけないのです。

これをみて自分で磨くのはやめといたほうがいいです。

 

車のキズを取る重要な工程

 

一回でキズを取ってしまおうとせずに何度も何度もコンパウンドやバフの種類を変えて磨いていきます。

前から磨きだしましたが、1工程目で後ろまで行き、その時にキズを取れるまで磨かないようにします。

少し細かいコンパウンドに変えて、細かいコンパウンドでも熱研磨していきます。

少しずつ傾けているのはカーブに沿って磨いているのと傷に対してアタックしているのです。

熱で塗装面を寄せていく感じですね。

とにかく塗装をしないように磨きでキズが消えるかを考えて施工していきます。

 

 

 

何度も何度も小刻みに磨いていきます。

車の本来の艶や肌感が変わらないように細かく磨いていきます。

なかなかこの高さのキズを取るのも中腰でずっとは大変です。

磨きも熱を持ち過ぎないようにポリッシャーの熱を確認しながら磨いていきます。

 

なんとか磨き終わりました。

全部傷は消えました。

あんなに爪のかかる傷が消えるのは最初にどれで磨くかってことが重要になってきます。

マックスでは市販のコンパウンド使っていないのです。

クオリティーをしっかり守るために専門店として1店舗でお客様に喜んでいただける仕事を目指しています。

 

車の深い傷でも磨きで取れる。

 

キズがしっかりとれていることがわかりますか?

マックスの壁などが映り込んでいるためにわかりずらいかもしれませんが、

最後につけている動画を見ていただくとわかります。

ここまで磨いてオーナー様に見ていただきました。

オーナー様は見てびっくりして、「塗装したの?」「何かで埋まってるの?」って感じでどうやってこうなったのかを疑問に思ってられました。

動画を見せるとオーナー様もすごくビックリされたみたいです。

「あんなに白くなっていた爪の引っかかる傷が、なぜ取れるの?」

前のフェンダーまで全部跡形もなく取れました。

オーナー様は角度を変えたり照明をあてたりしながら傷を見つけようとされていましたが見つかりませんでした。

スクラッチガードの塗装

 

こちらの黒の車はセルフリストアリングコート塗装と言って磨くのがすごく難しい塗装なのです。

コーティングショップに持って行ってもよく断られるという、すごく磨きにくい車なのです。

マックスではスクラッチガードもセルフリストアリングコートも綺麗に磨けます。

全体を映したかったのですが、離れすぎるとキズがわからない感じです。のでこのぐらいからの撮影です。

↓の動画の方ではもっと近くから撮影しています。素人撮りですがキズの消える瞬間も見れますので是非ご覧ください。

どんなことでもすぐにマックスにお持ち込みください。適切なアドバイスができます。

どのぐらい深い傷だったか 白くなった深い傷 黒い車(前編)も観て下さい。

キズが消えていく工程がみれます。素人動画58秒ほどですが観て下さい↓あの傷がすっごいです!

 

 

株式会社エムエーエックス(カービューティーマックス)

カービューティーマックスHP  http://www.max1996.com/

〒561-0894 大阪府豊中市勝部3-1-27

TEL 0668533666 

E-mail info@max1996.com

 

No tags for this post.

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top